読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
2016/04/30 湘南国際村

「上郷森の家」で一泊忘年会を開催しました

 12月9日(金)~10日(土)にかけて横浜市栄区上郷町にある「上郷森の家」で一泊忘年会を開催しました。当支部の一泊忘年会は、平成23年から始めたので今年は6回目でした。「上郷森の家」の一泊忘年会のブログ掲載は初めてですので経緯についてふれておきます。

f:id:meijizuyou:20161227095747j:plain

f:id:meijizuyou:20170124175532j:plain

 そもそも発端は、昭和23年の春頃の役員会で、中山さんから従来行っていた忘年麻雀会とは別に、〝一泊忘年会もいいものですよ〟との提案があり、日向さんから逗子から近く、予算も10,000円以内で出来る「上郷森の家」を紹介されて始めたものです。逗子方面からは朝比奈の相武トンネルを抜けて間も無く右側の山に向かう車道を上れば「上郷森の家」です。横浜自然観察の森、金沢市民の森、金沢動物園に隣接する場所で、野鳥や植物観察、森林浴等も楽しめる豊かな自然の中にあって、建物の中には宿泊施設、温泉施設と合わせ、円形の水着で入る健康浴バーデプールそして音楽会や発表会等が出来る144席あるホールもあります。平成23年、24年、26年と過去3回ここで一泊忘年会を開催し今年は4回目でした。平成25年は、箱根駅伝で尽力されている明大卒の山口箱根町長を慰労の意味を含め箱根で開催、また平成27年の昨年は大涌谷の噴火で客足が減っている温泉街に幾分でも支援の考えでやはり箱根にしました。過去2回の箱根での一泊忘年会には山口町長も出ていただきました。

 さて「上郷森の家」の一泊忘年会の過去の写真は下記です。最初は夜 麻雀卓を囲み、翌日は皆でウオーキングがてら野鳥や植物観察もしています。

f:id:meijizuyou:20170124173200j:plain

f:id:meijizuyou:20170124173220j:plain

f:id:meijizuyou:20170124173243j:plain

f:id:meijizuyou:20170124172757j:plain

f:id:meijizuyou:20170124172839j:plain

f:id:meijizuyou:20170124172914j:plain

f:id:meijizuyou:20170124172951j:plain

f:id:meijizuyou:20170124173015j:plain

f:id:meijizuyou:20170124173056j:plain

 今年は16名が「上郷森の家」に集まりました。車で来られた人、京急新逗子駅に14時に集合して金沢八景駅から大船方面行のバスで森の家バス停下車し徒歩で来られた人もいました。宴会は18時からでしたが大部分の方が早く来られ温泉に浸かり一服したあと宴会に出られました。

 18時から担当責任者の中山さんの司会で開宴宣言、そのあと拠無い予定で欠席された支部長にかわり支部長代行の挨拶があり、恒例となった幹事長のこの1年を振り返った行事報告と続きました。あらかじめ参加者全員に持参するよう言われていた交換品プレゼントの籤引きがあったあと、相談役の乾杯で2時間飲み放題の宴が始まりました。料理も申し分なく、また個人別の膳以外に刺身5点盛りサービスもあり、さらに斉藤さん差入の山口県の地酒『獺祭』1本も持ち込みが特別に許されて飲食歓談、菅野さんの詩吟〝朱熹の偶成(少年老い易く- - - )〟もあり、その後カラオケに移りカラオケクラブ部長をスタートに10数曲が唄われました。乾杯後2時間半があっという間に過ぎて行きました。21時少し前に明大校歌を合唱、相談役の中締めでお開きとなり2次会場の部屋に移っていきました。

 部屋は3部屋で77歳以上の部屋は担当の林さんがまとめ役、73歳~76歳の部屋は担当の菅野、さんがまとめ役、そして若手組の部屋は担当の中山さんがまとめ役になっていて、二次会は若手組の部屋で行いました。二次会用に清酒沢の鶴2升、本格芋焼酎ねむれねむれ1升、清酒渓流朝しぼり、山口県の地酒獺祭、秦野の原酒笹の露白笹つづみ、チリの赤ワイン・アルパカカルメネール等の差入があって、枝豆、たくあん他をつまみながら今年の明大生のスポーツでの活躍等24時過ぎまで歓談が続きました。若手の部屋だったので「若手世代の問題意識」や今後展開を予定している「なるほどゼミ実行計画」についても大いに語り会っていました。横で寝てしまった若手もいました。

 翌日は起きて入浴し、8時から壁に野鳥の写真が掛けられてい「おおるり亭」で朝食をとり、9時過ぎに「上郷森の家」を後にしましたが、ホールでは逗子にあるコスモ・インターナショナル・スクールの生徒さんと若いお母さん方がイベントで集まっていました。

 ここから綾部さんと中山さんの2名は港南台駅まで山道をウオーキングをしたとのことです。天気も良く場所柄イロハカエデ、ハゼ、マルバノキ、ナナカマド、南京ハゼ等の紅葉やイタヤカエデ、ガマズミ、コナラ、クロモジ、イチョウ等の黄葉も楽しめたのではと思います。

(今回の写真は後日追加します)