2018/01/03背景変更 裕次郎灯台

今年の明早ラグビー観戦会は惜しい結果となりました

 今年も秩父宮ラグビー場に総勢20名の会員と共にやってきました。12月2日第1日曜日は伝統の明早戦。過去の対抗戦の戦歴は明治の負け越しで故北島監督が生きているうちに早稲田に勝ち越せという願いは今もって叶わずです。

 私は山梨の名門と言われている日川高校出身でラグビー大好き人間です。しかし私が明治大学に通っていた頃、明治は低迷していた時期で、明早戦を観る機会はありませんでした。1970年代後半になって明治も徐々に力を付けてきて、早稲田と対等に戦えるようになってきました。いまでも覚えているのは何年か記憶はありませんが、あの頃タッチジャッジは両校のラグビー部員が両サイドのタッチジャッジをしていました。

明治のウイング(渡邉?)が左隅にトライしたのですが、明治のタッチジャッジが思わず両手を挙げて万歳をしてしまいました。レフリーはラインを割ったのかと確認に行きレフリーのジャッジ通りトライを認められ事なきを得ました。多分この試合が久々に早稲田を破った試合ではなかったと思います。                

 今期の明早戦は、早稲田はディフェンスが良く、「今年の早稲田強い」という前評判でしたが、予想に反し帝京に大差で敗退。一方明治は勝っても、もたつきが目立ち、11月3日の明慶戦では明治のミスが目立ち、思わぬ敗退。ところが11月18日の帝京戦では、明治が慶応戦の敗退から見事に立ち直り、スクラムを圧倒してディフェンスもフォワードのしつこいタックルで帝京の猛攻を凌いで23対15で8年ぶり勝利となりました。 

「明早戦当日は、帝京戦の余韻を胸に多いに期待して、JR逗子駅に午前8時50分に集合しました。明早ラグビー観戦会は平成10年から毎年応援し続けて21回目で、例年競技場に入る前に何処かへ寄ることにしていて、今年は東京駅で降り箱根駅伝のスタートとゴールである大手町の読売新聞本社を訪問しました。スタート地点に立ち、また箱根駅伝コース沿道の浮世絵(歌川広重東海道五十三次)の陶版画を見ました。参加者から逗子市役所1階ホールに掲げてある大きな信楽の陶版画(谷文晁の鐙摺濱と久野谷村の2枚)を連想した話もありました。f:id:meijizuyou:20181219181311j:plain

f:id:meijizuyou:20181220125736j:plain

           スタートライン(日本橋浮世絵)

f:id:meijizuyou:20181220125921j:plain

 次いで建物を回り箱根駅伝の記念碑も見学しました。改めて2回目優勝が明治大学であることを実感させられました。 

f:id:meijizuyou:20181220130132j:plain

f:id:meijizuyou:20181220130159j:plain

f:id:meijizuyou:20181220130222j:plain

f:id:meijizuyou:20190131170540j:plain

f:id:meijizuyou:20181219181405j:plain

 また信濃町駅でだいぶ出来上がった国立競技場の周囲を回るグループと直接秩父宮ラグビー場に行くグループに分かれました。ラグビー場の門を入ってすぐ丹羽政彦前監督を見かけたので挨拶し砂山さんが手配してくれた入口No11東A席に固まって着席しました。ゴールのすぐそばで明治のスクラムトライを見るには絶好の場所でした。天気も良く風も無い暖かな日で弁当を食べて試合開始を待ちながら、在学中監督不在時に主将を務めたという田中澄憲新監督の采配にも期待しました。なおすぐ傍の席で逗葉稲門会の方々が創部100周年ワセダの応援に来られていました。」

                                                                                   (「 」内はブログ担当追記) 

f:id:meijizuyou:20181219165434j:plain

f:id:meijizuyou:20181219165455j:plain

f:id:meijizuyou:20190131165809j:plain

f:id:meijizuyou:20181220130809j:plain

f:id:meijizuyou:20190131165637j:plain

 試合は、いきなり開始早々早稲田のフルバック河瀬(父は明治のFL)に先制トライを許し、その後も追いつくことも無く27対31の1トライ差で敗北という残念な結果に終わりました。特に固い早稲田のディフェンスとバックスの鋭い縦への切り込みに苦戦をしいられました。後半の10分のPGで明治はスクラムを選択して、スクラムトライを狙いましたが、コラプシングの反則でトライとならず、流れを変えられる絶好のチャンスをつぶしたことが惜しまれます。その後明治は猛追して2トライを奪うも4点差でノーサイド。1月2日に大学選手権で早稲田と再戦する可能性がありますので是非リベンジを果たしてほしいと思っています。

f:id:meijizuyou:20181219165643j:plain

f:id:meijizuyou:20181219165705j:plain

f:id:meijizuyou:20181219165720j:plain

f:id:meijizuyou:20181219165751j:plain

f:id:meijizuyou:20181219165813j:plain

     (このスクラムトライが決まっていればと惜しまれました)

f:id:meijizuyou:20181219165851j:plain

f:id:meijizuyou:20181220130921j:plain

f:id:meijizuyou:20181219165956j:plain

f:id:meijizuyou:20181219170019j:plain

  重たい足取りで逗子に戻り「すなっく舞」で残念会となりましたが、後から稲門会の方も帝京大と両校優勝で祝勝会のあと寄られノーサイド親睦会となっています。

                                 (根岸)