2018/01/03背景変更 裕次郎灯台

一泊忘年会は一風変わった宿「ウエルネスの森・伊東」に一泊

 今年平成30年12月9日(日)~10日(月)の忘年会は、昨年の湯河原から少し足を延ばす事になるけれども、伊東に一泊することになった。

f:id:meijizuyou:20181220174103j:plain

f:id:meijizuyou:20190131174511j:plain

 宿の「ウエルネスの森・伊東」には、いわゆる団体客がよく使用する宴会場の設備がなく、替わりに広い客室があった。平成最後の年の一泊忘年会を、一風変わっているがチョイスしてみて何と結果はグーでした。

f:id:meijizuyou:20181220174006j:plain

f:id:meijizuyou:20190131174555j:plain

 辞典を引用するとウエルネスとは、「健全な体と心をもって充実した社会生活を送るため、積極的、創造的な活動に取り組む行動様式」とあった。年の暮れを健康的に過ごせることに越したことはない。

 広い客室のビッグスイートの部屋は、30畳のリビングが付いている和洋室で、ゆったり寛げる間取りであった。参加者は18名で5部屋にそれぞれの荷物を置き、着替えて先ず大風呂に入って、体を癒し部屋へ戻って一服。その後、ビッグスイートの一室である幹事の部屋で形式的な忘年の儀式となり支部長挨拶、幹事長のこの一年の主だった報告もあった。

f:id:meijizuyou:20181220174249j:plain

f:id:meijizuyou:20190131174701j:plain

f:id:meijizuyou:20190131174746j:plain

 その後の時間が夕食会場へと足を運んでのバイキングである。一固まりに配置されていたので、食べ放題の刺身・天ぷら・ステーキなどをテーブルに運び、これまた飲み放題の好みの酒を選んで、和気あいあいの楽しい時間が過ぎていった。その内の誰かが、これで制限時間がなければ言う事無しだよ、と言っていた。

f:id:meijizuyou:20190131174825j:plain

 食後、再び幹事の部屋の二次会場へ移動する時には、結構腰のふらつく人がいた様だった。二次会は時間に制限もなく続いていった。

 この「ウエルネスの森・伊東」はバブルの頃に高級リゾートマンションとして売り出されたがバブル崩壊で売れ残った部屋を、宿泊設備に変えたもので、ホテルのような広いロビーは無く、当然受付もマンションの受付そのものであったが、さすがに広い各部屋には厨房設備が完備していて凝ったどっしりした木製彫刻の椅子やテーブルが備わっていて、貴賓室のような雰囲気が漂っていた。部屋のドアを開けるとそこは風が吹き抜ける外の廊下だったので風呂や食堂に行く時は外に出るという作りになっていた。 

f:id:meijizuyou:20190131174924j:plain

f:id:meijizuyou:20181220174342j:plain

f:id:meijizuyou:20190131175003j:plain

f:id:meijizuyou:20190131175156j:plain

 翌朝は食事を終えると、玄関前での記念撮影に促された。

f:id:meijizuyou:20181220174436j:plain

f:id:meijizuyou:20190131175110j:plain

f:id:meijizuyou:20181220174504j:plain

 この一泊忘年会では、<歩こう会>がセットされていて前日は宿へ来るまでに、伊東市立の木下杢太郎記念館に立ち寄った。木下杢太郎(本名・太田正雄)は森鴎外の勧めで皮膚医学者となり、詩人、戯曲家、小説家、美術評論家、吉利支丹史研究家という多彩な面で活躍し、また6か国語に通じ世界各地を旅した文人画家でもあった。天保年間に建てられた生家がそのまま保存されていました。医者で詩人の木下杢太郎(Ⅿ18年生まれ)は同じく医者(精神科医)で歌人だった斎藤茂吉(M15年生まれ)と長い付き合いがあったことも展示資料で判りました。

f:id:meijizuyou:20181220182308j:plain

f:id:meijizuyou:20181220182811j:plain

f:id:meijizuyou:20181220182330j:plain

 翌日ホテル前での解散後は、有志による<歩こう会>が予定されていて、仲内部長のガイドにより出発し、来宮神社を目指した。由緒ある神社に参拝してから、境内の大楠にパワーを貰いそのまま熱海駅に向かった。来宮駅に戻った人もいました。

f:id:meijizuyou:20181220174715j:plain

f:id:meijizuyou:20190131175332j:plain

f:id:meijizuyou:20190131175429j:plain

f:id:meijizuyou:20190131175514j:plain

 熱海駅前商店街入口までは下り坂だったので、歩くのも楽だった。熱海駅前商店街入口から駅まではかなりの上り坂だったが店を見たり土産を買ったりして駅到着。車中では宿で残った酒とつまみを一部持参していたので飲みながら大船駅へ。

f:id:meijizuyou:20190131175547j:plain

なお今年亡くなった漫画家“さくらももこ”さんを偲んで宿で買った「ちびまる子ちゃんシャンメリー」も飲んでいます。

f:id:meijizuyou:20181220174800j:plain

 用事のある人を除き大船駅で下車しそばを食べて逗子に戻りました。

                           (中山)