2016/04/30 湘南国際村

バス旅行を久しぶりに開催しました

 10月10日(土)に「駿台会 秋のバス旅行(埼玉編)」と銘打って久しぶりにバス旅行を開催しました。バス旅行は平成25年4月13日(土)に開催した「陽春の御岳山参拝と奥多摩酒造見学」以来で、2年半ぶりでした。この時は32名参加でしたが、今回は昨年末の明大マンドリンコンサートへの協力の感謝を込めて8月1日号の当支部会報にも掲載してバス定員まで参加目標48名限定で一般会員に広く募集を行いました。しかし応募者が少なく、1週間前に今年会員になられた方等に別個に封書で勧誘をこころみたのですが、結果的に参加者は33名となり残念な思いをしました。それでも雨も降らず、暑くもなく丁度良い天候で会員ご夫婦で参加された方もあって1日楽しく過ごすことが出来ました。

 朝7時50分に逗子文化プラザ図書館前に集合、海岸線を走り茅ヶ崎ICから圏央道に入り厚木で小休憩、厚木のSAと言っても東名等のSAと違い狭いとの感じを受けながら鶴ヶ島から関越道に入り川越ICを降りたのは10時半少し前でした。

f:id:meijizuyou:20151020204029j:plain

f:id:meijizuyou:20151020204416j:plain

 バス旅行の幹事役は仲内、山村両名で用意された<お茶と菓子の入った1人分の袋>と<旅行コース案内><旅行のしおり>が配布されました。仲内さんからコースのおおよその説明があり、次いで山村さんが配布された<旅行のしおり>を読み上げていただき全員まず行先の知識を頭に入れました。参加された小見さんから提供された川越での人気お土産資料も読み上げています。缶ビールや増田さんから寄贈された飛騨高山の特製純米酒“手造り久寿玉”1升瓶は川越に着くまでは飲むのを自重し2時間余りを参加者は神妙に説明を聞いていました。 バスは太田道灌像のある川越市役所裏で降りました。

f:id:meijizuyou:20151022221925j:plain

f:id:meijizuyou:20151022221215j:plain

 

f:id:meijizuyou:20151020204641j:plain

 “小江戸”、“江戸の母”そして“江戸の台所”と呼ばれる川越では観光と昼食で2時間を幾つかのグループに分かれて離れたり、又合流したりしましたが、「蔵造りの街並み」や「時の鐘」の場所では参加者は比較的に一緒でした。川越では“うどん”のことを“うんとん”という看板につられて“うんとん”と川越名物サツマイモの天婦羅を昼食にした人が6人程いました。また全国校友滋賀大会で寄った「坂本の慈眼堂」と同じ天海大僧正ゆかりの「川越の慈眼堂」を訪ねて喜多院まで足をのばした方が9人程いました。

f:id:meijizuyou:20151020204829j:plain

f:id:meijizuyou:20151020204901j:plain

 

f:id:meijizuyou:20151022220832j:plain

 「時の鐘」の場所でお土産に重たい“いも恋”を買われた方もいました。菓子屋横丁で“飴”を買われた方もいると思います。

 f:id:meijizuyou:20151022221306j:plain

 次いで大宮の鉄道博物館に行って館内を説明者付きで1時間半程見学しました。最初は明治4年に製造された1号機関車(150形式)の説明見学でしたが、懐かしいブルートレインお召し列車等ゆっくり見たら半日から1日かかるほど広いスペースに実物の車両が何台も展示されていて、上から見ると車両が小さく見えるほどでした。2階の模型やシミュレーションの場所では子供でなくともゆっくり見たい思いをしました。

f:id:meijizuyou:20151020205037j:plain

 

f:id:meijizuyou:20151020205137j:plain

f:id:meijizuyou:20151020205225j:plain

f:id:meijizuyou:20151020205259j:plain

 

f:id:meijizuyou:20151020205354j:plain

 f:id:meijizuyou:20151020205556j:plain

f:id:meijizuyou:20151020205717j:plain

 武蔵一宮の大宮氷川神社は、元日に天皇陛下四方拝で遥拝される一社とのことで、格式髙し神社であることを皆バスの中で知識を入れていましたので、良く掃き清められた長い参道を歩くのにも銀杏、欅、楠の大木を見つつ霊気を一身に受けて本殿まで足を進めました。柏手を打ってお参りしましたが、帰りはバスが中まで入ってくれたのでほっとしました。

f:id:meijizuyou:20151020205937j:plain

f:id:meijizuyou:20151020210042j:plain

 

f:id:meijizuyou:20151020210233j:plain

 f:id:meijizuyou:20151020210305j:plain

 f:id:meijizuyou:20151020210917j:plain

 道路も込み始め時間の関係で予定した盆栽市場は外すことになりましたが、自宅で長年盆栽を趣味にされて、今回の旅行の最大の楽しみとされていた増田さんは、“盆栽好きはいないようだ”と言って残念がっておられました。

 バスは、埼玉新都心線西IC から首都高銀座線を通り夕食の銀座七丁目の銀座ライオンへ向かいましたが、途中歩行者天国で左折できず、迂回し止める場所が無いとのことでやや手前でバスを降りて7丁目の交詢社ビルの横を通って銀座ライオンに行きました。ライオンは百獣の王とともに英国王室の紋章で創業者がロンドンを訪れた時ピカデリー広場の角で営業していたレストラン「ライオン」の名前からとったものとのことで、銀座4丁目で誕生も現在は銀座7丁目で1階のビアホールと2階レストランは休日でもあり利用客で一杯でした。幸い予約済でしたので33名は3ブロックに別れて着席、ビールで乾杯のあとワイン、日本酒を飲みながら出されてくる料理を食べながら歓談しました。

f:id:meijizuyou:20151020212138j:plain

f:id:meijizuyou:20151020211125j:plain

f:id:meijizuyou:20151020211202j:plain

 料理は①エビ、オクラ入り前菜3点盛り合せ ②サーモンのカルパッチョ ③グリルソーセージ2種盛り合せ ④サーロインステーキ ⑤シーザドレッシングの水菜と大根のじゃこサラダ ⑥アナゴのフリッタとポテトチップス ⑦予定のぺぺロンチーノスパゲッティーは出ないでゴマ垂れ中華めん?でした。(情報が悪く期待した人には申し訳ありませんでした)

帰りのバスの中では、砂山支部長の挨拶があり、また今後の行事の案内が各担当から紹介されて久しぶりの良いバス旅行だったとの思いで帰ってきました。84歳の方が2名参加されていました。